2004年03月13日

空席目立つ九州新幹線...新幹線は地方を豊かにするの??

九州新幹線、初日の午後から空席目立つ(読売)

↑読んで。

私はそれほど地方自治体とかの仕事するわけじゃないから
どこまで一般論と言えるかどうか分からないけど、
そういう仕事を通して、地元の人の意見とか聞いてたりすると、

東京とのアクセス改善は、
マジで「悲願」だったりする。

新幹線や空港や高速道路ができることが
地域発展に繋がることと「信じてる」わけだ。

そりゃほんとですか??
と改めて問いたい。

新幹線の場合、殆どは、並行して走るJR線の廃止を伴っている。
完全廃止じゃなくても、3セクで料金もアップだ。

生活は確実に不便になる。

で、新幹線が運んでくるのは「物資」じゃない。
ビジネスマンという情報と、観光客という金だ。

それじゃーいいじゃないかと言うと、
実は出ていく方も大きい。

例えば、長野を例にしてみると、
長野は
あきらかに新幹線と高速道のおかげで
企業数が減ったし、その関係で雇用者数も減った。

どういうことか?

便利になったから、支店とか出張所とかおいておく必要がなくなったんだよ。
要するに、その分を東京が...あるいはより東京に近いところが吸い上げたんだよ。

それから観光客数も増えたが、日帰り率もあがった。
ろくに金を落とさない客だ。

新幹線はやたらめったら停車しないから、
通過された街はますます寂れた。

地方財政も圧迫する。

寂れるために金を使うって感じだ。

それから、観光客とっては「便利になる」っていうのは
「つまらなくなる(非日常感がなくなる)」っていうのと同じだ。

たんに時間距離の問題じゃなくて、
繋がると必ず文化的には都市部の方が強いから
中途半端な東京のミニチュアになっちゃうんだ。

関越開通で湯沢あたりがどうなったか思い起こしてみればいい。
マンション群が林立してたら、
東京から遠く離れてきましたっていう気分にはなれないよ。

いい加減、
中央=東京と「繋ぐ」って発想じゃなくて、
むしろ、意図的に「分断」することで
地域経済つくったり、アイデンティティ高めたり
ってくらいの発想が出てきてもいいと思う。
posted by waki at 23:54 | Comment(11) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
まったく同感です。新幹線は「入り口」ではなく「出口」になってしまう危険性を抱えています。高速道路もそうです。
地方に行くと高速道路が開通するとやがて、それまであったさまざまな経済センターが、他府県のより大きな都市に吸収されていき、無残な状態になっています。
本当に地方を立て直すためにはどうすればいいのかを考え直す時期が迫ってきているように感じます。
Posted by 大西宏 at 2004年12月23日 18:35
高速道はまだ、物資輸送できるから、開通すると都市部の生鮮市場への新たな参入機会とかつくったりするからまだしもなんですけど、新幹線は、そういうのはまるでなしですからね。

工事が一時的な雇用つくるだけで。

>本当に地方を立て直すためにはどうすればいいのかを考え直す時期が迫ってきているように感じます。

もうほんとに、これまでとは180度発想変えて望まないとダメですね。

考え方としては、やはり、
分断(差異化)こそ有効だと思います。

具体的には、特区のような取り組みを大胆に進める。
このために、自治体の自由度を高める。
...財政面の問題より、
むしろ法についての権限をずっと先行させる。

なーんて、クチで言うのは、簡単なんですけどねー...。
Posted by わき at 2004年12月23日 18:52
1年半も経っていまさらですが、違うと思ったので書き込みます。

>九州新幹線、初日の午後から空席目立つ(読売)
この見出しが間違いだったことは証明されています。南日本新聞: http://373news.com/2000picup_bak/2005/09/picup_20050922_6.htm

>東京とのアクセス改善は、マジで「悲願」だったりする。

新幹線を東京と地方を結ぶという発想は短絡的だと思います。九州新幹線の場合ですが、九州内の人の移動が多く、福岡−鹿児島は鉄道や高速バスのほかに航空便もあります。この程度の距離では、空港まで遠いため時間が変わらなく、環境負荷の大きい飛行機より新幹線の方がいいです。

>新幹線の場合、殆どは、並行して走るJR線の廃止を伴っている。
完全廃止じゃなくても、3セクで料金もアップだ。
生活は確実に不便になる。

3セクの問題は新幹線自体の問題ではありません。国がちゃんと補助して値上げしないようにするべきことでしょう。あと、地元も問題です。私も以前住んでいたのである程度分かるのですが、鉄道を利用するのは高校生かお年寄りばかり。大人はほとんど車に乗らないです。本気で守りたかったらみんなで乗るべき。

経済のことは詳しく分かりませんが、九州新幹線はある程度うまく行ってると思います。http://373news.com/2000picup_bak/2005/03/picup_20050326_8.htmそれはともかく、「分断」されてうまくいく経済というのは、いかがなものでしょうか?結局東京・大阪・福岡に人が流出するだけでは?

それに整備新幹線は公共事業の予算比率から言えばごくわずか。温暖化防止のためにもある程度は必要だと思います。そのことについてはTadashiさんが書かれているこのホームページは勉強になります。http://w3222.nsk.ne.jp/~otanuki/
Posted by ももいえ at 2005年11月20日 17:56
訂正:大人はほとんど車に乗らないです。→大人はほとんど車にしか乗らないです。
ごめんなさい。
Posted by ももいえ at 2005年11月20日 18:15
ももいえさん、こんばんは。

域内交通手段で航空機やバスと比べて、新幹線の方が環境負荷が低いのは確かでしょうね。ある程度の利用率もあるなら。

>3セクの問題は新幹線自体の問題ではありません。国がちゃんと補助して値上げしないようにするべきことでしょう。

実質的に新幹線の導入の条件だったわけだから、新幹線の問題だと捉えた方が素直だと思うのですけど。
もし、国の補助が必要なのだとしたら、それだけ新幹線の経済効率は低いと言うことになりますね。

>「分断」されてうまくいく経済というのは、いかがなものでしょうか?結局東京・大阪・福岡に人が流出するだけでは?

分断という言葉が印象が悪かったかもしれませんが、差異化すべきだという意味です。
域内移動客が増えているのですよね?
実態を知らないで想像で書いてるのですけど、福岡に買い物やビジネスに行く客なんじゃないんですか?
これは経済力の吸い上げですよね?
もしそうなのだとしたら、長野と似たようなことが起き始めているわけです。

ちなみに、過剰な空港整備より、新幹線の方が遙かにずっとマシだろうという意見なら、それはまったくその通りだと思います。
各県にひとつづつ空港をつくるようなのってのはナンセンスですよね。様々な面で。
Posted by waki at 2005年11月20日 19:51
乱文にお返事いただき申し訳ありません。

3セクのことですが、「関係がない」というのは私の書き方がまずかったですね。新幹線で分離した3セクが苦しくなるのは「新幹線の経済効率」が悪いのではなく、特急列車分の運賃収入がなくなるからです。もし地元が必要とあらば3セク会社の努力、地元利用の促進はもちろん、それで足りなければ補助していいと思います。だいたい、日本は鉄道の予算は道路に比べ少なすぎます。

それから「差異化すべき」というのは賛成ですが、それならなおのこと「分断」によって成り立たせようというのは、違うのではないでしょうか。ちゃんと「差異化」されるのなら中央に吸い取られるのだけじゃなくて逆の流れも起きるんじゃないですか。現に九州は起きていますよ。 むしろ「分断」すると「ミニ東京」が全国にできるか、地方に見切りをつけて大都会に行くかのどっちかにはなりませんか?

なにぶん長野などのことは分かりませんし、何より素人考えでごめんなさい。
Posted by ももいえ at 2005年11月20日 20:54
ももいえさん、こんにちは。

>何より素人考えでごめんなさい。

えーと、私もこういうことについては、決して専門家じゃないですから。ももいえさんと同じです。
でもまー、こういう意見交換は楽しいですよね。

>「分断」によって成り立たせようというのは、

分断によって「成り立たせた」ほうがいいと言ったつもりはなくて
繋げる前に、分断する発想が出てきてもいい
って言ったつもりなんです。
それも新幹線のはなしと直結させたつもりもありません。
(できれば、読み直してみて下さい)

明治以来あらゆることで、東京に「情報と金」の「頭脳と心臓」の機能を集めようと社会の構造を作り替えてきましたよね。
そこから、国を人の体に例えれば、実質的に時間距離で遠いところになるほど末梢の役割・手足の役割を担わされてきたわけです。
工業立国のための単一市場をつくるのにはとても役立って、日本は発展できたけど、気が付けば手足にされたところは、どんどん自分で足腰立たなくなっちゃってるわけですよね。

それ以前は、ちゃんと地域経済が成立していたのにね。

おまけに、今は、地方を潤沢な国費で支えるのもどんどん厳しくなってきている。

九州経済は、補助金などの様々なかたちで国費を入れて支えないと確か数兆円の赤字でしたよね?(ごめんなさい、曖昧な記憶に頼って書いてます。北海道や四国は確実だけど、九州もそうだったと思います)

だから、最初にやるべきは、東京とミニ東京に奪われた「情報と金」の「頭脳と心臓」の機能を、地方が奪い返す・取り戻すことなんだと思うんです。

これを取り戻す前に繋げる発想にしてしまったら、東京とミニ東京に精気を奪われるばっかりになるのじゃないか?ってことです。

九州にとっての新幹線は、東京から充分に時間距離が離れているので、もしかしたら、私が思っているようなことにはならないのかもしれないけど、少なくとも東北新幹線や長野新幹線とかでなにが起きたのかを見ていると、そう思えるんです。
(でも既に福岡の地域の経済力を吸い上げる力が強化される方向になってませんか?)

そこでもし、九州が台湾のような実質的な独立国になったと仮定しますよね。あくまで乱暴な仮定でしかないですけど。
金融とか貿易とかの規制を自由に決められる。
そうなったら、持ってるリソースの豊かさを考えたら、スグに台湾以上に発展するんじゃないか って思いませんか?

黒字の豊かな地域になるはずです。
周囲の国が酷い貿易障壁つくるとかのいやがらせとかをしない限りはね。

あまりに乱暴で空想的でいい加減なはなしだから、思いっきり笑われちゃうかな。

とにかく、これって、独立国にならなくても、地方政府の裁量権が充分に大きくなればできることですよね。

もとい、新幹線がダメだというつもりはないのだけど、なんにしても「情報と金」の「頭脳と心臓」の機能を取り返す方が先だし、それができないうちは、繋いでも良いことはあまりないのじゃないか??
発信するパイプはあった方がいいけど、発信する前に、吸い上げるだけのパイプになっちゃうんじゃないのか?
ってことが言いたいんです。

それに、新幹線でなにを発信するんですか?
モノ?
新幹線はモノを運べないですよね。
運ぶのはビジネスの情報と観光客のサイフだけです。

このうち、ビジネスの情報は、なにかの壁をつくって頭脳機能を取り戻さない限り、時間距離が縮まるほどに、絶対により大都市に拠点が置かれるはずです。
つまり、熊本よりは福岡、福岡よりは東京です。

じゃー、観光客のサイフだけになりますよね。
観光情報を発信する機能は、新幹線にはないですね。
客を集めるだけ...それも客の滞在時間を減らすのに役立つだけです。
滞在時間が減る以上に客数が増えて補えればいいんですけどね。

なんだか、長々書いてごめんなさい。
長々書くってことは、本当は自信がないっていうことの裏返しです。

だって、こんなことは、そう簡単に検証できないですから、自信なんて持ちえないですよ。

だから、ももいえさんの考えを否定できるほどのものを持ってるわけじゃないないです。
Posted by わき at 2005年11月21日 13:39
何度もお返事恐縮です。
経済の細かい話は正直不勉強で何もいえません…。
ただいくつか思ったことを。

>このうち、ビジネスの情報は、なにかの壁をつくって頭脳機能を取り戻さない限り、時間距離が縮まるほどに、絶対により大都市に拠点が置かれるはずです。
つまり、熊本よりは福岡、福岡よりは東京です。

絶対そうとも言い切れないと思います。たとえば、テレビ通販で有名な会社「ジャパネットたかた」の本社は長崎県佐世保市です。特別な例かもしれませんが、不都合が無ければ土地代や物価が安い地方のほうが有利だと思うのですが。
それに「ビジネスの情報は、なにかの壁をつくって」というのは今のネット社会で可能なのか、という疑問があります。ネットではできない人の移動を補完する意味での移動手段は必要にならないでしょうか。むしろ移動が便利してうまく分散させるという考え方はできないものでしょうか。

>じゃー、観光客のサイフだけになりますよね。
観光情報を発信する機能は、新幹線にはないですね。
客を集めるだけ...それも客の滞在時間を減らすのに役立つだけです。
滞在時間が減る以上に客数が増えて補えればいいんですけどね。

新幹線はあくまでも移動のための「道具」だと思います。
基本的に新幹線に「観光情報を発信する機能」は必要ないでしょう(ただし、「観光情報を発信する機能」としては九州新幹線、JR九州はがんばっていると思いますが)。
それに「滞在時間を減らすのに」というのは泊りが減って日帰りが増えるという意味でしょうか。それは結局は地元の努力じゃないですか。魅力があれば日帰り可能でも宿泊するでしょう。

ちょっと考えてみたのですが、鹿児島と長野の違いはいい例だと思います(私の勝手な偏見による印象ですが)。
鹿児島は新幹線ができる何年か前から、地元もJRもある種の緊張感というか危機感みたいなものがあったと思う。だから、いろんな努力をしたし、それで一定の成功を収めたのだと思います。
それに比べて長野は新幹線をオリンピックの「ハコモノ」の一環ぐらいにしか考えてなかったんじゃないですかね?

私だって新幹線ができてそれが即経済発展につながるとは思っていません。いや、むしろ経済発展を目的に新幹線を作るのは違うと思います。政治力・利権がらみではなく必要なところに適宜に作ってほしいし、地元も新幹線に甘えないで努力してほしいと思います。
Posted by ももいえ at 2005年11月21日 22:06
ももいえさん、こんばんは。

>何度もお返事恐縮です。

いえいえ楽しいです。
ありがとうございます。
もし、ぱったりレスが止まったら、
たんに忙しいんだと思ってください。

>絶対そうとも言い切れないと思います。たとえば、テレビ通販で有名な会社「ジャパネットたかた」の本社は長崎県佐世保市です。

そうですね。
それを言うなら、熊本の再春館は、コールセンターを置いた通販専門メーカーのルーツみたいなものですしね。

ただ、それらが通販が主流とはなっていない時代に成長の基礎をつくっているというのは、マンガやアニメ産業が長らくメジャーな産業として扱われなかったからこそ...役人とかが無視してた存在だからこそ独自の進化を遂げることができたっていうのと似ていますよね。

それから、情報発信が偏っているというのは、
全国に情報を流している(コンテンツを制作している)主要な出版社、新聞社、TV局はごく一部の例外を除けば殆ど東京にしか存在しませんよね。
主要な経済団体・業界団体も規格制定に関わる組織も殆ど東京にしかないし。
金融業界大手もメーカーも殆ど東京本社です。
...もともとは、大阪や愛知とかにあった企業もかなりの程度集められてしまった。
都市銀行なんて地方本社は実質的に皆無になっちゃいましたよね。
これは一元的な市場をつくるために、明治以来かなり「意図的」に政府が誘導してやってきたことです。

もともと地方に頭脳機能がなかったわけじゃないんです。
無理矢理集めちゃったんです。

独自の頭脳はいっぱいあったし、今より遙かに経済的な自立性は保っていたしね。だいたい、明治維新をやったのも幕府のエリート官僚じゃないですしね。

ちなみに私が関係している広告業界も、気が付けば、東京以外の大手は地盤沈下するばかりですね。

情報と金の頭脳と心臓機能といってるのは、こういう種類のことを言っていたんです。

分断とか壁をつくるとかという表現は分かりやすいと思って使ってたんですけど、どうにも誤解を生むようであれば、
例えば、地方行政の自治裁量権を大幅に高めるとかってことです。
この線からこっちはルールもノリもいろいろ変わりますよっていう意味の壁です。
これが中央政府や東京に拠点のある金融・情報産業などがあっちいけとかこっち向けとか勝手に決めないための壁です。

ネットも交通網も充実しているのに超したことはないのだけど、それ以前に独自性を育む防護壁がないと、吸い取られるばっかりの経路になるんじゃないのか?
って危惧しているわけです。

もしかして、もしかすると、
私が、九州南部を孤立させて陸の孤島にでもしろって言ってるように思えましたか?
もし、そうなら、ごめんなさい。
...そんな書き方をしたつもりもないし、読み直してみても、どうしてもそうは読めないんですけど....
とにかく繋ぐっていう発想に皆が思っているほど良いことはない。
むしろ真逆を考えるくらいの意識で取り組むのが丁度いい。
繋いで均質化するくらいなら、独自性をつくるべきだ。
って書いたつもりです。

とにかく、なんにしても
陸の孤島にしろなんていいうつもりは、ないですから。

>鹿児島と長野の違いはいい例だと思います

言われているような違いはあるのかもしれませんけど、九州の現状は不勉強でよくわかりません。ごめんなさい。

なんにしても、新幹線の一連の投資も充分ペイし、新幹線で地域が大いに発展するなら、それがいちばん良いのですけどね。
Posted by わき at 2005年11月22日 00:56
横レスすいません。
お二人のお話を楽しくは意見させていただいておりました。

さて、あくまでボクがお二人の話しを端から見ていた感想を書かせていただきます。

そもそも新幹線や高速道路の本格普及というのは【同じ税金払ってるんだし国民全員が同様のサービスを教授されて然るべきだ】という考えと、【地方の工業化を促進して、過疎と過密や公害の問題を同時に解決する】という主旨で書かれた田中角栄の日本列島改造論から始まってるんですよね。

そして、ここで問題になってきたのが、この主旨である「交通の便利さ」と「過疎と過密の問題を解決する」というのが、現在ではうまくリンクしなくなってきたので、

「はて、これからどう考えていったらいいの?」

「こんな考えもあるよね」

…という話しが今回のわきさんの話しだったと思っています。(違かったらごめんなさい)


そして、お二人の話は同一線上の話のようで同一線上じゃないような気がしてなりません。

交通の便利さはプラスの面もあるしもちろんマイナスの面もあるわけで、何事も清濁併せ持っている問題なので、そもそも「こうだ!」という解決策を出すのは、ーーーお二人も書いてますがーーー難しい話しなんだと思うわけです。

ただ、考え方のバリエーションと向かうべき方向性を出すのがわきさんのショーバイなので(ボクも1%ぐらい同業ですが…^^)、あくまでも「こういう考えもあるんだな」と、ももいえんに受け取って貰えたらハッピーなんだと思います。

最後に誤解が生じないようにあえて書きますが、ボクはわきさんのカタをもっているわけでも、ももいえさんの意見が間違っているとも思っていないのは理解して下さい^^

そんなことよりなにより、こういう意見が自由にやりとりできるブログやネット環境のダイナミズムを感じることが出来て、あぁ、この時代に生まれて良かったナーと噛みしめています。

すいません、ボクが変なこと書いちゃってズレちゃいましたね、そんときは、さらっと流して下さいませませ。

Posted by 石山城 at 2005年11月22日 19:29
城さんこんばんは。

>お二人の話は同一線上の話のようで同一線上じゃないような気がしてなりません。

うん。そうなんですけどね。まーいいじゃないですか。

ももいえさんにしてみれば、反射的に一言いわなきゃいられないなにかがあったんですよね。私が書いたものに。
それは、私の表現が誤解を与えた部分ってのもあるのだけど、きっと確かな直感が言わせてるんだと思うんですよ。
...これには、一言いっておかなきゃ!ってね。

勝手な想像なんだけど、それはきっと、

地方への投資を否定する時代の流れ・空気があるわけじゃないですか。地方切り捨てとも言えるような。
ならば同時に、それなりのなにかがなきゃならないはずなのに、切り捨てるはなしばかりが盛り上がるわけですよ。

そりゃー、へんだぞ!

ってことだったんじゃないかって勝手に想像してるんです。

(まるっきり、間違ってたら、ごめんなさい>ももいえさん)

私としてはそういうつもりじゃないのだけど、でも、結局具体的に言ってる部分では、「新幹線ってほんとにいるの?」ってところだけだものね。
あとは抽象的なはなしで残らないだろうし。

ももいえさんへのレスを書いていて気が付いたんだけど、
以前の...つーか今でもマスメディアは、タテマエとして全国一律だったんですよね。

例えば、NHKの子供番組で作品募集やってですね、もし、応募数に対して均等に扱ってたら、首都圏+関西の子供の作品が半分以上...ほとんどという印象にならなきゃおかしいわけですよ。
でも、そうすると、「なんで東京とか大都市ばっかり!」って声が必ずあがるから、応募機会に対する真の平等じゃなくて、見た目の平等をつくれる地域別の平等にするわけですよね。

でも、ネット時代は違うんだよね。
ネット上では、意見量を地域別にならすようなしくみはないから、圧倒的に都市部の意見になっちゃうわけ。

それっていいのかなー...ってちょっと思ったんです。

>「こんな考えもあるよね」

そういうことです。
Posted by わき at 2005年11月22日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。