2007年10月11日

ポイントにまつわる会計が変わると...

杉田庸子の「U.S.発 企業会計最前線」 拡大するポイント・サービスの落とし穴 販売奨励策のはずが「お荷物」にも(NBonline)

2007年5月に国際会計基準を作る専門家組織である「国際財務報告解釈指針委員会(IFRIC)」は、「顧客ロイヤルティープログラムの会計処理」とする解釈指針を発表し、統合に向けた方向性を明確にした。日本の企業会計基準委員会(ASBJ)は2011年6月末までに国際会計基準との違いを解消すると公表しており、この基準は日本でも近い将来に取り入れられる可能性が高いものだ。

 この指針によれば、顧客が利用するまで顧客に与えられたポイントなどは、その公正価値で評価され、売り上げから繰り延べ、負債として計上することになる。売り上げとして認識が出来るのは、そのポイントが使われた時点、もしくはポイントの使用期限が到来して失効した時点となる。


こうなっていくと、FSPマネーは...ポイント(マイレージ)プログラムはどうなっていくのかな?

ざっと考えられるのは...

●早くポイントの消化を促すプログラムになる。
 有効期限を短く切る
 早く使う方がメリットがあるようにする
 ポイントが保有期間で減価するしくみを盛り込む

上のの一種だけど、
●失効期限変動型にしていく。
 本来の目的に沿って、リテンション率が高いほど(ロイヤリティが高いほど...頻繁に購入するほど)失効期限を伸ばす ...ごくたまにしか使わないというポイントはさっさと失効させる...という形で、顧客選別を進める・FSPの効率を高める。

●ポイント種変換を抑える。
 今は、FSPマネー化していく中で、ポイントを違う種類のポイントに変換できるようにする方向が進んでるけど、むしろ、ポイント利用を囲い込むようになる。
 自分のところで使うと、今までより一段と有利とか。

●そもそもポイント発行を抑制していく。

●そんななら、もっとそもそも現金割引みたいなものが活発化する。

●一種の現金としてのポイントではなく、もっと別の種類のFSPをまた真剣に考える。
プレゼントやサービス

●...

他にあるかな?

まー、業種や置かれてる状況...電子マネーがらみ系,その他のサービス,小売...でどういう方向になっていくかは変わるだろうけど、
特にFSPマネー流通のハブというかコネクターというかになりたいナナコとかワオンとか...だと、
どっちかっていうと戦略推進を加速するものっていうより減速させる要因になりそうだね。

...よくわかんないけど。

もうちょっと落ち着いて考えてみよう。
今はまだ思いつきメモ。

--
--

ついでに最近書いたけど、どーでもいい内容で、捨てようと思ってたのを滑り込ませておこう。
寝込んでたときに、暇で書いた。

--
野菜好きが信じられないって人
--

「野菜」が出てくる仕事だと、必ず出てくるのが
「野菜が好きだなんて信じられない」
っていう人。

口ぶりからするに、
「ほんとは嫌いなのに、体にいいからって無理矢理好きになろうとしてるんだろ?...素直じゃなくていかんな...自分を騙しちゃダメだ」とか
「野菜が好きなんて、ヘンタイに決まってる」とか
そんな風にマジに思ってそうな感じが伝わってくる。

いつも思うのだけど、これって、

「数学は好きだよ」なんていう人が周囲にいると、
ヘンタイを見るかのような目で見る人とか
ってのと似ているなー
と思う。

このノリで物事を見ていくと、
野菜と数学とクラシックと本とアニオタとパクチーと... ...そういうのは一括りに出来そうな気もしている。...パクチーは野菜か...重複してしまった。

どうでも良い話し。

...しかし、二十歳過ぎても「自分が好きなものはみんな好きで、そうじゃないものはみんなホンネでは嫌いなハズで、それに当てはまらないのはヘンタイ」って見方をしているってのは、
世の中なんも観察してこなかったに等しいよな。

いろんな人がいるんだよ。
人が思うよりも人は多様だ。

ちなみに私は、パクチーは好きだよ。もちろん野菜全般も。
あーニンジンだけは別ね。
特に嫌いってわけじゃないけど、量入ってるとウンザリする。
数学とかは嫌いじゃないけど苦手かな。

--

沢尻エリカのあの騒ぎだけどさ
なんだか続いてますよね。

関係者とかが怒るとかなら分かるけど
なんで、
あのことと映画の評価を繋げるみたいな...
「もう見ない」なら、まだ分からないでもないけど
「知ってたら見なかった」まで行くのかね?

きっと、あーいう人たちは、
良いものをつくった人は、良い人で、
良い人は、態度も良くて、
良い人なら、良いものをつくり
良い人なら、良い政治をし、
良い政治(経営)をするってことは、良い人で、
悪いものをつくるってことは、悪い人で、
悪い政治(経営)をするのは、悪い人
って決め込むのだろうな。

でもさー、実際はそんなの全然関係ないでしょ?

例えば、偉大なアーティストが、どうしようもないくらい
人でなしなんてことは、よくあることでしょ?
沢尻エリカが偉大なアーティストなのかどうかなんてのは知らないし、興味もないけどさ。あくまで例えだよ。

太平洋戦争しかけた人たちとかナチスドイツの人たちって、「悪い人」たち?
そういう人もいるけど、多くは社会生活や家族生活とかそういうところ見てれば「良い人」たちじゃん。
でもさ、結果的に悪いことしちゃうなんてのはあるわけだよ。

昔談合やってたオジサン達は、家庭や地域や職場で「悪い人」だったのか?
大抵は悪い人じゃないでしょ?悪い人と見られるようじゃ...「周囲から期待された役回りを無視するような人」なら、談合はできないよな。

意図が良ければ、良いことで
っていう幼稚な見方は、
簡単に
結果が悪いと言うことは、意図が悪い
に繋がるからね。

実際にそうなら世の中シンプルで気持ちいいだろうけど
そうじゃないわけじゃん。

なんか関係あるような無いような話しになったな。

もとい、
あれが「ゴーマンな態度」?
私にはとてもそうは見えなかったけど。

態度が悪いとか、適切じゃない、あれじゃダメ、みんなブチ壊し...
だとは思ったけど

ゴーマンってのは余裕カマして、相手をコケにする態度でしょ?
あれはどうみてもいっぱいいっぱいにしか見えなかったけど。

あれが気に入らないってのはさ
空気嫁と同じノリでしょ?

公園のお砂場時代から、いい子ちゃんプレイを強要されてきて
それに従うしかなかった世代が、
「求められる役割を演じようとしない存在」を見て
しゃくに障ったんでしょ?

そんなことひっくり返ったって出来ないような人たちが。

で、結果的にどう考えても誉められるようなことをしなかったから
ここぞとばかりに、イラついて見せてるんでしょ?

じゃなきゃ、あーいう反応する必要はないじゃん。
ただ呆れてるとかすればいいわけだよ。
ましてや、作品の良し悪しと関係あるわけ無いじゃん。

くだらねーくだらねーよ、空気監視委員どもめ!
哀れなヤツらだ。

もちろんオレだって、もしアレの関係者だったら激怒したと思うけどね。いや激怒した。間違いなく。
でも、それとギャラリーが今言ってるのはぜんぜん違う話だよ。

空気監視員はいつでも安全なところから正義を振りかざすんだよな。

そりゃー正義の人は必要だけど、正義の人がやたらと集まったり、正義の人が一方的に裁いていったら、独善しか生まないわけで。

正義のヒーローは悩んでて欲しいよな。
...これは本当に正義なのか?ってさ。たまにはね。

ウルトラセブンは、そこんところ良かったよな。

もうなりゆきでどこに行ってしまうのか?<オレ

もうやめよう。

どーでもいい話しだな。
posted by waki at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。