2007年08月31日

檜原湖周辺でスモールマウス

8月の終わりに、友人と檜原湖の初めてのスモールマウス(トラバス)目指して行ってきました。

結果は、もうホントに数え切れないくらいの数の大きくても30以下のおチビちゃん達と、
最後に40弱くらいの1本。
スモールってラージマウスより遙かにパワフルでスタミナがあって...ってよく聞くけど、
最後のは、もうホントに元気で、グイグイ突っ込むし、走るし、ジャンプするしで、そりゃー面白かったですよ。

--

早朝ボートハウス前について、セッティングしようとしたら、友人がなんとタックルボックスを忘れた!!って呆然。
出かけるときに彼のクルマから私のクルマに載せ替えるときに載せ忘れちゃったらしい。

後で振り返るとこれが良かったのだよね。
何故かっていうと、彼は仕方なく現地でルアーとか買いそろえたのだけど、そこでいろいろアドバイスを受けてさ
私らのタックルが檜原湖じゃあまりにヘビーすぎることが判明したわけだ。

で、「檜原湖始めてなら、とりあえず釣って欲しいから」っていうボート屋さんのアドバイスに従って始めたのだけど、
午前中は、マスバリちょん掛けのソフトルアー中心でやってたら、もうチビが...良くても30あるかないかってのが釣れすぎ。
チビにはもう飽き飽き。
(いや、それでもグイグイってひくし、チビなりにスタミナあって簡単には諦めないから、どーにもつまらなくはない...ラージマウスのチビと比べたらずっと面白いのだけどさ)

午後は、もうちょっと大物狙おうと思ったんだけど、
イマイチ分かってない...確信が持てないのと、
午前中操船してもらってた友人に代わって、慣れない操船してたので、なんだか結局岸狙って小物釣っちゃうんだよね。

でもまー、なんとなく友人が大物のものらしきアタリも取れるようになってきて、完全な大物狙いで行こうと思い始めた頃に、気が付いたらボートを返さなきゃならない時間が来ちゃった...残念。

ダメだねー。
目の前の分かりやすい成果に気を取られ、チャンスを失う。
木を見て森を見ず。

で、ボートからあがった後に、まだ充分日があったので
すぐ近所の池(柳沼)で何匹か釣ったりしたのだけど
サイズ更新できなくて、
なんかイマイチ充実感がなくてさー。

でもあの池には50オーバーがサスペンドしてたんだよな。
...届かない距離だったんだけどさ。

最後に小野川湖をちょっとだけのぞいてみたわけ。

その時も最初はストラクチャーとか狙ったんだけど、
なんとなく過去に読んだ記憶がある情報を思い出したんだよね。
スモールは、けっこう回遊探索型...少なくともラージマウスみたいな物陰に隠れて狙う居着き型は少ない...って。
それ読んだときは、「あー回遊するシーバスに近いのか」って思ったんだけど、

じゃーってことで、フィールドを見ると、
あのあたりがかけ上がりで、あの辺に流れが当たってて...って見えてくる。

で、陸っぱりのシーバスのイメージで思った通りにやってみたら、来たよ。(偶然かもしれないけど)

ゴン!...根掛かり??...グイグイ潜る...走る走る...ドラグがジージー鳴く(ドラグは緩めだけど)...ジャンプ!ジャンプ!
力もあるし、それ以上にスタミナあるし、楽しかったぁ〜!

まー欲を言えば、もうちょっと重みもあれば...バス持ちした時に、うっ!重!って思えるくらいのサイズだと良かったんだけどね。

それは次回のお楽しみにしておくってことで。
(...なーんて、これはきっと、スモールマウスビギナーズラックみたいなもんだったのかもしれないけど)

ちなみに今回サイズでは完全に友人に負けちゃいました。
もっともそれにはタラコ唇でヒゲがついてたけど。(<ニゴイ)

--

小野川湖
夕マズメ
5ポンド フロロカーボンライン
SR-S スピナー ゴールド/ピンク

--

しっかし仕事ではいっつも
「始まってから努力するより、始まる前に努力しろ(調べておけ)」って言ってるのに
帰ってきて、実感が得られると
いろいろ調べ始めるオレ。
ダメだねー。

でもまーそういうもんなんだよね。
アタマでは分かってても実感得られないと本気では始めないってさ。

事前によーく調べておけば、おチビと遊んでばっかりじゃなくて、やれることはいっぱいあったのになー。

ってことで、後から見つけたところや
事前に見つけたけど、十二分に読んでなかった
檜原湖=スモールについての情報が得られるサイトのリンクをメモとして張っておこう。

次の時に、探しやすいように。

檜原湖バスフィシング情報

HIRO MOTOYAMA

G-Meguro fishing company

それから、今回いつもみたいにGoogleマップでフィールドみてたんだけど、
Googleマップは、細かい湖沼が出てなくてダメだね。
帰ってきてから気が付いたのだけど、マピオンの方が遙かに詳細に出てていい。

檜原湖あたりの地図

次はこのあたりに連泊して
ボートばっかりじゃなくて
池巡りをする日があっても良いかもね。
その方が面白いかもな。

--

追加メモ

チビバスをあげたときに、一度小エビを吐き出してたっけ。

--

さらに追加メモ。

裏磐梯には、ウチダザリガニがいるんだってね。

水生研ウチダザリガニ関連

あの北海道の摩周湖あたりにしか居ないって図鑑に書いてあるヤツね。

フランス料理なら、エクルビス。
...アメリカザリガニもエクルビスだけど、
こっち(ウチダザリガニ)を食材として買ったら、
けっこうなお値段なんだよね。

こんなにザクザク取れるんだったら、あそこにキャンプして、ザリガニバーベキューってのもいいよな。
っていうか、今度取ってかえろっと。
posted by waki at 00:40 | Comment(4) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
裏磐梯まではなかなか行かなかったけれど、
福島市からアクセスの良い(磐梯山の表側)方にある
磐梯吾妻スカイラインには
かつて良くドライブに行ったなぁーと
懐かしく読みました。


で、その頂上にある吾妻小富士は
(吾妻山にある小さな富士山っていう意味ね)
その辺の天体観測のメッカでもあって

天の川が手ですくって集められるんじゃないか?

っていうぐらい星が近くに見えます。


もちろん、男同士じゃ行かないんだけれど…(笑)


あぁ…、そんなことをしていたのも
もう20年以上前の出来事なのねー(しみじみ
Posted by 石山城 at 2007年08月31日 03:35
ちは!>城さん

あ、そっか!城さんに聞けばいいんだね。

来年は連泊とかしたいなと...
そうなると、家族を連れて行かなきゃならない
ってことは、子供や奥さん達が楽しめるところがないとダメ
そういうところはあんまり無さそうだなー...
○○3D観なんて言ういかにも箱物行政でつくったっぽいつまんなそうな施設とかはあるけど...

なーんて思ってたけど

城さんに聞けば、

>天の川が手ですくって集められるんじゃないか?

なーんてところも分かるわけだ!

>もう20年以上前の出来事なのねー(しみじみ

それ時々オレも言っちゃうことば。
自分で言っておいて、いまだにいちいち「20」って数字にビックリするけど。
...まーそのうち「30」になるのだろうけど、「30」って言って自分でビックリしてるんだろうか?
Posted by わき at 2007年08月31日 10:39
 そうそう、その辺りの情報なら、ボク、詳しいですよー、なんでも聞いてください。

 夏場であれば、きれいな清流にかかった「流しそうめん屋」が、福島市側の山の斜面にあるはずで、これも体験したことがなければ、それはそれで家族で感動できるスポットかな、と。

 っていうか、磐梯山あたりのお奨めは、なんといっても星空ですよ、星空!! 


 昼間は猪苗代湖で「湖水浴」を楽しんで…っていうのもアリですね。


 まぁ、書き出したらキリがないので、その節は……ってことで。(^^)/

- - -
PS: 温泉と、ひなびた温泉街めぐりも不可欠ですね!! 忘れてました。
Posted by 石山城 at 2007年09月06日 15:38
>その節は……ってことで。

是非。
Posted by わき at 2007年09月06日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53325283
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。