2004年08月29日

加工食品メーカーが食の安全に大胆に取り組むべきタイミングなんじゃないの?

食品の安全性、主婦7割が「気になる」 値段よりも重視(asahi)

この手のレポート...消費者がかなり食の安全を気にするようなった...そういう人がすっごく増えてる...ってのをけっこういろんなところで見かけるようになった。


「値段より安全性を重視」って数字がこれだけ高いのは始めて見たけどさ。
(マクロミル使って調査ってところで、ネットにアクティブな主婦ってことだから、ある程度以上の世代はバイアスかかってるって見た方がいいかもしれないけど)

なんにしても、食の安全性について、かつてないほど関心が高まってるし、
商品選択の材料になってるってことだ。

きっかけは、言われているようにBSEや鳥インフルエンザとかなんだろうけど、
やっぱりネットの力は大きいと思う。

以前は、こういう問題に詳しい人がいても、説得力あるように語れる人は一握りだったし、せいぜいほんの限られた範囲にクチコミするだけだった。
でも、今は、ちょっと興味をもてばネットでかなりのことが調べられるし、なにかきっかけがあると調べる人も多い、おまけにクチコミはネットコミになったわけだし。

...ほんの数年前までは、実態調べると、主婦のネット利用って特に40代越えたりするとメール中心(=クチコミの領域)で、Webはあんまりアクティブじゃなかったけど、最近はけっこうなレベルだしね。

で、言いたいのは、
メーカーが...最近の騒動でブランドに傷つけたところだけじゃなくてどこでも...
相当思い切った策をとっても、先行することで、得られるものがかなり大きくなるタイミングなんじゃないかって思えること。

いわゆる品質管理・品質保証だけじゃなくて、
添加物についてとか、アレルギー対策についてとかさ。

もちろん添加物の問題ってのは、保存期間の問題(流通コスト)とか・原材料コストの問題に密接に絡むから、簡単じゃないのはわかってるつもりだけど...

だから、流通(イオンのトップバリュとか、ローソンの保存料ゼロとか...)とか、流通範囲をきめ細やかにコントロールできる地域密着小規模メーカーとかが先行するわけだけどさ。

でも、これだけSCM進歩してるんだから、根底から取り組めば...流通・売り方の工夫・ブランドの切り分けとか...やってけば、相当のことができるハズだと思うんだけどな...。

アレルギー対策とかなら、今スグだってできることはいっぱいある。
ちゃんと由来をマメに明記するとか、○○アレルギーの人は食べないでってリストつくるとかさ。

大手の加工食品メーカーの人とかって、とかく「所詮は配貨率勝負さ」とか思ってるんだろうけど、例えば、同じ様なソーセージが並んでても「ブランドの"裏付けのある信頼"」で、以前よりかなり積極的に商品選択する人が増えてくると思うよー。

躊躇してると、そういう現象が出る前に、チャネルが嫌うってこともどんどん増えると思うし。
...例えば、近所の複数のスーパーで例えば亜硝酸塩とか使わないベーコンとかがじりじりフェイス増やしてたりするし。
高いし、賞味期限短かくて流通にしちゃ扱いにくいだろうし、亜硝酸塩は味との関係も深いのに...。

硝酸塩の問題は、野菜で自然に摂取してるもののほうが...みたいな議論もあるけど、
そういう「科学」の問題じゃないんだよな。

今は意識変化が加速してる時、
この後急に、対応の必要性を知らせるサインが、具体的な売場の現象伴って出てくると思うな。
posted by waki at 00:07 | Comment(2) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
 ちは。毎度です!みちのく遠征中の石山です(^^)/

 一言で言うと「変化はチャンスだし、今なら機は熟してるぞ!」とボクは受け止めてるんだけれど、でも、こういうことって、どれほどデータを使って説得力あるプレゼンをこちら側が仕掛けても、しょせんは「開発側の意識の問題」に寄るところがとても多いんですよね。

 で、これを書いちゃお終(しま)いなんだろうけど、「聞く耳を持たない会社はアウト」もしくは、「問題意識を持とうとしない会社はアウト」という、会社の体制というか、トップの意識レベルの問題に直結してると常々感じています。

 あぁ、また話がそれちゃいましたか?(笑)
Posted by 石山 at 2004年08月29日 02:00
>変化はチャンスだし

これに尽きますね。
変化は、いつでも危機の兆しだし、大きな機会でもあると。

それからこれって、城さんが書いてたアトピーとか現代人の体質変化とも関係ありますよね。きっと。

とにかく、化学物質があらゆるところに、溢れすぎ。

...それにしても、自分が書いたの改めて読み直してみると、なんだか読みにくい文章ですねー。
Posted by わき at 2004年08月29日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。