2005年05月08日

2003年半ばから、黒く長くなってきたんだね

なにがって女性の髪の色と長さのことね。

ここ(日々是マーケティング)をきっかけに、ここ(資生堂ニュースリリース)注意!PDFファイルを見てたら、ヘアスタイルの変遷が出てたんですよ。

2002-2003年半ばを転換点に、黒く、長くなってきている。

2003年っていえば、
春先・早夏が景気の底で、秋風が吹くころには地方景気の回復も見えてきた、求人市場の回復も後半になると見えてきた、デフレって言葉も聞く機会が減ったって時期ですよね。

これって前にも書いたけど、根っこがかなり保守化してきてる若い子が、
求人市場の回復に合わせてきてるってのもかなりあるんじゃないかな?

02年ワールドカップを最後に、その後はイラク戦とかSARSとか内に向かう...外に出る気にならないってのもあったろうし、
ITバブル後にはじけた気分が、01-02ってしぼみゆく中で、
親世代見てたら終身雇用の既存路線もダメ、新しい路線も甘くないって、閉塞感強めたってのもあるのかもな。

なんにしても、
90年代から一貫して、
明るく短くなってきていた髪が
黒く長くなってきているってのは、
その背景について
いろいろ想像は膨らむよね。

キャリア観の変化とか、
さらにはもっと深く、女性や社会が「女性であること」ってのをどう捉えているかとかさ。

もっとも、90年代以降確実に起きているのは、
明白なトレンドの消失、多様化なわけだけど。
posted by waki at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
TB及びブログご紹介ありがとうございます。

女性のヘアースタイルの変遷って、結構社会背景を映し出しているといわれていますね。
私の通っている美容院の先生曰く「最近は、中島美嘉風が人気」と話していました。
実際、10代向けの雑誌の表紙には中島美嘉さんが飾っていることも多いです。
何でも、彼女の脱力的且つ気の強そうなところが魅力だとか。

一応、新聞などで掲載されたデータは出典元を確認してブログには載せるようにしています。
また、遊びにきてください。
Posted by いとう at 2005年05月09日 14:05
いとうさんこんにちは。

>女性のヘアースタイルの変遷って、結構社会背景を映し出しているといわれていますね。

もともと、ファッション・コスメのたぐいの市場って苦手意識があってかなり意識的に避けてたんですが、丁度、仕事の流れで調べてたところだったんです。

ちなみに書かなかったけど、調べてた中で面白かったのは、
02-03年って、毛染市場が天井打ったようになっている時期なんですが、
ちょうどこれと入れ替わるように、市場規模をいっきに増やしてきたのが、ケア系の商品市場なんですよね。

今のアジエンスの成功は、両面捉えてますよね。

30代の市場が相対的に伸びてることとも関係があるのかな?

そうそう、はなし飛びますが、
いとうさんが名古屋嬢について書かれてましたけど、
以前に散々名古屋の市場について調べたことがあるんですが
ほんとにいろいろ他と違うところがあって面白いですよね。
あそこは。
Posted by わき at 2005年05月09日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。