2005年05月03日

気が付けばみんな「日本好き」

この数年...特に去年の後半以降に結果発表された
いろんな調査見てると、
日本人はここまで日本好きになってきかー!
って思えることが、ほんと多くなってきた。

インタビュー調査みたいなものもそうだし、
ファッション・コスメ関係,余暇時間関係,インテリア,食
...実に幅広い面で「和回帰」とか
和回帰とは言えなくても、
欧米モノはイヤ...国産モノ・日本の文化として変容・定着したヤツの方がいいぞ!
みたいな現象があちこちでレポートされている。

...具体的にどれとどれとどの調査レポートとか言うのは、
いろいろ差し障りあるんだけどさ。

もちろん、世代や性別やいろんな面でまだら模様だし、
大ざっぱに言えば、上の世代に行くほど・田舎に行くほど、
欧米好きだし...っていうかほんとに上の方の世代は相変わらずコンプレックスなんだろうな...
逆に、若くて、都市部で、男でってほど、日本好きみたいな感じ。
30代入ると、女性の方が和モノ好きだったりするけど。
...あくまでも、ものすっごく大ざっぱな印象ね。

あと、私としては、同じ一繋がりの線で捉えてるのが、
10-20代前半の「対人関係最重視」発想ね。

こりゃもうまさしく「和」の文化だね。
衝突したくない・仲間の目が大事って、
ほとんど村人じゃん。
関係性をつくるのが、地域から離れただけ。
混乱期を経て成長しきった後に必ずこれ、出てくるんだよね。

後、豊かなになるとその前に出てくるのが、清潔右翼ね。
...これはもうバブル期に増殖してすっかり定着したものね。

そんなずっと前のはなしとすっごく大きな流れ・背景のはなしに入っていくと止まらなくなるから、それはおいておいて、
今のこの一連の「加速化」って、ほとんどの調査で
02-3年頃から始まってるように思えるんだけど、
02-3年って何だ?

ITバブルはじけて、97年を底として見た時の第2次不況?
不景気で金ないし、
アフガン-イラクにSARSとかで、外より内がいいって思い始めた?
なんか出るのヤだし...。

そういえば、「和回帰」の延長に、「アジア」ってのもあるよね。

例えば、冬ソナに昔の日本を見ちゃうみたいのとか。
...あれも03年くらいからだっけ。

そうそう、その流れの延長にアジエンス売れまくりなんてもあるな。
茶髪ブームの潮がいっきにひいたのも、02-3年だ。

まーもっと単純に韓国や中国が存在感増したってのが背景なんだろうけどさ。

あっ、千と千尋の神隠しがオスカー獲ったりって、
独自の文化性に改めて自信を持たせるニュースが多かったのも02-3年か。
...殆どアニメ関係・ファッション関係だけどさ。

これも書いてると切りがないか。

とにかくさ、
相も変わらず十年一昔で欧米ばっかり見ててさ、
リサーチの数字見せたって、ピンと来なくて、
(具体的に書くとマズイが...本当に書きたかったころから数ヶ月時間をおいてこれ書いてるんだけど)
和のテイストがなかった世界に大胆にそういうの入れようとすると
「え”ぇー!」っていう人たち!!

ちゃんと客の意識変化を直視しようぜ!
posted by waki at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3276702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。