2005年04月16日

企画書の種類 ...説得と理解と手順 その2

前回は「説得」だったけど、今回は「理解」ですよね。
「説得」するために、
まず「理解」を促すってのもあるわけですが、
その前に、
自分自身、あるいはプレゼン主体としてのプロジェクトメンバーの理解づくりってのがありますよね。

つまり、理解を促す・理解するための企画書ってのは、検討書です。

...ちなみに、前回の「説得」は、主に提案書に必要なことですよね。

...あー書く順番失敗したな。こっちが先でしたよね。
--

自分自身、あるいはプロジェクトメンバーとかを
分かった気にさせるんじゃなくて
真に理解を促そうと思ったら、
誰もがその本質を「構造的にスキ無く理解」してなきゃダメなわけです。

コトバだけで踊ってわかったような気になってると、
承認や同意を求めるだけの相手なら良いけど、
「身内」ではいずれ問題になっちゃうからです。

構造的に理解するには、様々な要素の関係性を、
時間や空間を整理して、示す必要があります。

でも、その前に、

▼そもそもしっかりした論理展開には、起点が大事。

だから、まずプロジェクトの目的・ゴールが
繰り返し明快に示される必要
があります。
なんのためにやるのか?どうなれば成功なのか?

これが明快でなければ、そもそも企画の良し悪しの判断さえできなくなります
であれば、
意見はいつまでたっても収斂しない。
そんなプロジェクトは失敗するに決まってるし、
失敗しないなら、そもそも新たに企てる価値さえないようなプロジェクトだったか、
たんに奇跡的に運がよかった・恵まれてたってことです。

さらに企画の糸口を探るにしても、仮説が重要になります。
仮説がダメだと、どーもになんないし、
仮説の切り口がよければ、
結果的に真反対の結論に至るにしても良いところに落ちるわけです。
真反対の結論ってのは、的はずれじゃないんですよ。
的はずれな仮説ってのは、
その仮説の前後左右上下裏表ってところに答えがないヤツですから。

目的・ゴール・仮説がキチンとしていれば、
(能力や慣れの問題で遠回りすることはあっても)
放棄さえしなければ、
そのうちに必ず正しい着地点を得られます。

次に状況の理解やそこからの方向性の導き、これらを共有化するってことですが、ここでは、

▼構造的な状況理解=「地図」を描く。

ことがポイントになります。

つまり、企画の背景になる視点をいかに整理してやるか?
それをコトバじゃなくて、地図的に表現するんです。

地図的ってのはどういうことかっていうと、
検討すべき要素の関係が空間の位置で表現されてるってことです。

時間的な整理の図 フロー
とか
空間的な整理の図 マトリクス

箇条書きとかも一種も図ですね。
優先順位っていう軸を取った1次元マトリクスだとも言えるし、
時間別に書いてあれば、フローです。

Excelで出すようなグラフとかももちろん図です。

どうやって描くにせよ、これは軸の取り方一つで本質にうまく迫れるかどうかが決まります。

これは、確か別のところでけっこう詳しく書きましたよね。

地図があれば、みんなが「今どこにいるのか?(状況理解)」「どこに行くべきなのか?(目的・ゴールの確認)」を共有理解にしやすいわけです。

そうそう、だからキモになる図には、必ず、「目的地」も示す必要があります。

例えば、ポジショニングマップで現状を整理したとしましょう。
当然、そこには現状分析=と現状における機会視点が表現されているハズです。

で、そのポジショニングマップに、
「今、ここにいるけど、みんなでココを目指そうよ」っていうベクトルを書いてやるわけです。

...うーん、こういうのは事例と図を示さないと上手く伝えられないな。

でもまー、繰り返し企画書書いてる人なら、わかってもらえますよね。
...きっとそういう人が、Googleに「企画書」とか打ち込んで、ココに来てるんでしょうから。

▼比較のしやすさ。

いっぱつで答えがでることは少なくて、
大抵は、いろいろな方向性を検討することになるでしょう。

取るべき方向性の選択肢、アイデアの選択肢...
これらから、自分自身が・メンバーが確信を持って絞り込めること。

このためには、結局、前述の地図的な比較...様々な角度から、良し悪しをさっと比較できることが大事ですよね。

...毎度、長くなっちゃうので、どんどん飛ばします。

▼最終的な結論は、「説得」のテクを使う。特にコトバとイメージが重要。

明快で印象的なコトバ...例えばコンセプトやプランのタイトル表現などね。

繰り返し「理解」に立ち戻れるみんなが共有できるきっかけがシンプルに纏められていると、
それが明快だと強いんですよね。

しっかり理解したはずなのに、
途中でだんだん忘れて行っちゃってメンバーの意志がバラバラになっちゃうなんて時は、このみんなで共有できるコトバやイメージの印象が希薄だからそうなっちゃうんです。
posted by waki at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2991317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。