2006年11月10日

ホワイトカラー・イグゼンプション

また最近改めてホワイトカラー・イグゼンプションの話題がちょっと盛り上がってますよね。

私はこの手の分野についてはまったく素人なのだけど
経団連の提言内容は
趣旨はよくわかるけど
具体的な試案の部分は、こんなかたちでやったら、とんでもねーなー...かえって経済を壊さないか...とか思っちゃいます。

本当に知価労働者と一定以上の裁量権を持ったマネージメントだけ=時間と成果が殆ど関係ない...が対象なら、良いけど、
そうじゃなくて、オフィスの「頭脳肉体労働」みたいな人たちも、実質的に自由裁量権なんてろくに持ってない人たちも...そういう人の方が多いわけで...十把一絡げですからねー。
そういうのを、全部ホワイトカラーって括るのは乱暴すぎますよね。

もっともこの手のは、提案する側に都合がいいように過剰にやっておいて、議論過程で角を削られて、そもそも狙ってる程度の落としどころにしたいってことなのだろうけどさ。

で、じゃーどこの角をどういう方向で落とすかなんですが、
この話題でのネット上での反応などは、殆どが当然なんだけど十把一絡げに「搾取強化される」ってことが大勢占めてるみたいなんですねー。

こうなっちゃうと、それこそ十把一絡げに条件闘争になっちゃいますよね。
...その方がムーブメントつくる力はあるのだろうけど。

でも、
身近なところだと、むしろ「賛成!」ってのが意外と多いんですよね。
...経営者とか、上級マネージメントだけじゃなくて、若い子とかもね。

そういう人たちってのは、かなり純粋な知価生産労働者で、
だから、時間と成果が連動しないことをものすごく分かりやすいカタチで極端に感じてる人たちですね。

例えば、プランナーとかって典型的にそうじゃないですか。

だから、能のないヤツが残業代稼いで、能のあるヤツが、短い時間で成果をあげると成果に対して稼げないってことに、
できるヤツは憤りを感じやすいし、
できないと黙っちゃうし、できるようになればいいんだって素直に考えるわけですね。

それにそういう人たちの多くが、そもそも出社時間とかデタラメだったりして、実態としてフレックスだったりして、ちょっと階級上がると残業代出てないから、もう既に先取り状態なんですよね。

実態が先取り状態だから、「みんなそうなれ、それが当たり前」になるわけです。

つまり、やってみれば、それがいいって人もかなり出てくるんじゃないの?ってこと。

(そんなヤツは、全体からすれば、とっても少ない。あんたの身の回りだけだろう!って言われそうだけどさ)

まー、なんにせよ、
今のプランのどこが問題なのかってのは、
やっぱ十把一絡げなところにあるって思うんですよね。

「工場労働者と年収400万未満以外」なんていう乱暴な対象の規定の仕方じゃなくて、
もうちょっとは、成果と時間が殆どまるで連動しない仕事につく労働者ってのを絞り込んで規定するって方向で議論してかないと...角取りの方向をね...、じゃないと、ダメなんじゃないかなー。

今のままで、あまりに経営に都合がいいようにやっていくと、
それこそ、

残業代11兆円消える? ホワイトカラーの自律的労働時間制 労働運動研が試算 

みたいなはなしになって、
それは消費意欲を減退させることに直接繋がって
経営視点で見た最適化が、国内経済視点で見ると矛盾する...景気後退に繋がる...
誰のためにもならない
なんてことになるような気がしちゃうんですよね。

まー、ほんと、この手のことに私は素人なんですけどね。

--

それにしても
ホワイトカラー・イグゼンプション
ってのは能がないコトバだなー。

最近ほんと多いですよね。直訳さえしない表現。

デレギュレーション(規制撤廃)を規制緩和って
意訳というか、発する側の都合がいいように根本的に言い換えちゃうみたいな能を見せて欲しいね。
こういう社会構造変化に繋がるようなレベルのコトバを、ムーブメントづくりのキーワードとして発するときはさ。

こんな言葉じゃ、まともな議論にもならない。
それが狙いなのかもしれないけど。

--

これって、もうちょっとズームアウトして見てみると、
本当にやっていったら、かなり労働観を変えていくきっかけになるのだろうなー。

今も、ライフストーリー分析とかで、「均等法第一世代」なんてのが重要なキーワードになったりするわけだけど、
これも「ホワイトカラー・イグゼンプション法第一世代」なんて将来言われたりするのかな?
...それはないか。世代に関係なくだものね。
でも、後から振り返った時に、やっぱり時代にエポックにはなりそうだな。

--

関係ないけど

Video results for 'Hataraki man' (YouTube)
posted by waki at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。