2006年10月02日

ムービーのバッテリーが...

昨日は運動会で、「ビデオ撮影をやらされた」のだけど...

だってビデオなんて撮ってもあんまり見ないよねー
それよりはファインダー通して見てるより、自分の目で見たかったし...

まーとにかくやらされてたわけだけど、
50m走を撮り始めて、うちの子が走り始めて、それを追ってコースの真ん中くらいまできたとろこで、プチン!画面真っ黒。

なんとバッテリー落ち。

本来なら、3時間くらい撮れるはずのバッテリーを満充電してもってったのに、撮り始めて10分もしないうちに落ちちゃったわけ。

まいったなー。

予備のバッテリーはあったから、その後はちゃんと撮れたんだけどね。

よりによって、そんなところで切れてくれるとは。

子供が小さい頃はしょっちゅうムービー回してたけど、だんだん大きくなってくると、デジカメでは撮っても大きくて面倒なムービーカメラは使わなくなってきていた。
最近じゃ年に2回も使えばいいくらい。

これってサイズとかの使い勝手の問題も大きいはずだよね。

カメラは以前は滅多に使わなかったのに、紙焼きの必要がなくなって、デジカメが小さくなるほど頻繁に使うようになってきた。

ムービーも、今のHDDタイプは一時のデジカメくらい小さいのもあるし、テープ買ったりしなくて済むから、アレなら頻繁に使うようになるよな。

さてどうしようかな?

バッテリーだけ買い直すか...でも、2万近いのだけど....
新たにビクターのエブリオでも買うか。
アレは小さいし、リムーバブルメディアときっぱり縁が切れるし。

世間では、DVD録画と併用のがけっこう人気みたいだけど、ちょっとでも小さい方がいいし、だいたいDVD録画使うシーンっていうのが、少なくとも私の場合思いつかない。
だいたいあの手のは、HDD容量も中途半端だし。

はなしはずれるけど
今の売れ筋はHDD-DVDハイブリッドばっかりなんだよね。

パソコン連携がイメージできないのだろうな。
最後は、リムーバブルメディアに出力しないと不安っていうヤツ。

据え置きの録画機で、結局使いやしないのにDVD録画機能がついてないとなんだか不安で、HDDだけの機種は一部の人しか買わないってのと同じだよね。

DVD録画機能もつくことで、
大きくなる,高くなるでいいことないのにねー。


それとも、DVDメディアをたっぷり持って、長期旅行にでも行くとかいうのだろうか?
それならわかるけどさ。HDDが溢れたら困るとかね。
でもまー、大抵はスーパーファインで8時間とか撮れれば何も問題ないと思うけどなー。

据え置き機なら、DVD録画機能付けても安心料が増えるだけで済むけど、ムービーだと大きさ・軽さ=使い勝手に影響するのに。

はなし戻して、何を買うべきか?買わざるべきか?だけど、
ほんとにたまにしか使わないムービーだものなー...。
しかも、これがあると、自分の目で見たいものを見させてくれなくなったりするし。

でもまー、DVD機能付きの物が売れてるうちは、DVD機能付きを優先して売る...できるだけHDDムービーを排除するってのはメーカーとしては賢明ですよね。
たんにより高く売れる物を売るということもあるけど、
それ以上に、機械部分がなくなっていくほど、日本のメーカーは厳しくなるわけだものね。
もちろんHDDも機械だけど、モジュール化してるわけで。
でも、それに依存してるとヤバイよね。

以前にもこのテーマって散々書いてたっけ。

--

そうそう、ムービーカメラっていえば、私は結局いつも最後はビクターの買うのだよね。

なにがイイって、ファインダーを開けばスタンバイ状態になって、ファインダーをバチンと閉めるだけで電源がちゃんと切れること。
この簡単さは大事。

だって、ムービーカメラはしょっちゅう使わないから、使い方なんて隅々まで覚えてられないでしょ?
いちばん基本的な動作は、できるだけシンプルで直感的であるべきだとおもう。

...もっとも最近の他のメーカー手に取ってみてないから、同じように・あるいはもっと別のやり方で直感的に出来てるかもしれないけどね。
posted by waki at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24792144
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。