2006年09月26日

「そんなのおかしい」

「それはダメ。良くないと思う」と言うべきところを
「そんなのおかしい」を無意識に連発する人っているでしょ?

子供の頃から、これがキライでさ。


いや、「おかしい」っていう判断の在り方...感覚的に・直感的に合わないって判断の仕方を否定する気はないし、直感は大事だとは思うけど、

「そんなのおかしい」を無意識にやたらと連発する人ってのは、
もう殆ど必ずと言っていいくらい
判断基準に自前のリクツがなくて、全部過去の経験...シーンイメージに照らし合わせて判断しているだけなんだよね。

だって、「なぜ、おかしいって思うわけ?」って聞いたって、突き詰めるとリクツもなにもないのだもの。
あえて言えば「そういうものでしょ?」っていう経験的な判断だけ。

そりゃそうだ。「おかしい」って言葉は実質的に現在では「これが普通」という状態とのズレを笑う言葉になってるのだもの。
たんにズレを指摘しているだけで、それ以上のなにかを指摘しているわけじゃない。

...わかりにくいか。

例えば、関東では割と、ラーメンとご飯とか、ご飯とたこ焼きとか、主食もおかずも炭水化物みたいのを「おかしい」って感じる人が多いでしょ?
私も「おかしい」って思う。
小さい頃からの食生活とかの積み重ねが、正しい食事のイメージをつくっていて、それに合わないから「おかしい」って思うわけ。

でもさ、私は、「おかしい」とは思うけど、
「そんなのおかしい」って否定はしないよ。
「そういう文化もあるんだよな」って思うだけ。

マグロの刺身にマヨネーズ掛ける人っているでしょ?
マヨネーズとワサビとか、マヨネーズと七味とか、マヨネーズとマスタードとか...あわせたりしてね。
あれも私なんか、かなり「おかしい」って思うわけだけど
マネしてやってみれば、けっこう美味かったりするわけだ。

つまり、なにかにつけて「そんなのおかしい」を連発するってのは、リクツ抜きの保守性向の現れだったりするんだよね。

でもさ、最後まで強硬にマグロの刺身+マヨネーズを「そんなのおかしい」って言う人が、イタリアンの店に行くと、マグロのカルパッチョに掛かってるマヨネーズをおかしいとは言わないのはおかしいよね。

いや、おかしくはないわけだ。
つまりは、そういう人は、文化的な枠組みで判断しているだけなんだから。
枠組みが変わったと理解すれば、「おかしい」の判断基準がかわるわけだ。

「そんなのおかしい」ってのは、
とても感覚的な言葉でありながら、
とかく同時に想像力の乏しさ・籠もってしまういくじなしな文化的な態度が産み出すことが多いもの。

だから、日常生活で対等のもの同士が使うなら別に良いのだけど、
仕事の場面で「そんなのおかしい」を野放しにすると、ろくなことはないね。

もうリクツ抜きの文化対決にしかならないし、
そうなれば、権力があるか、声が大きい方の「おかしい基準」が採用されるだけだ。

「そんなのおかしい」が蔓延する組織は、自家中毒を起こすだけ。
文化的な独自性は高まるかもしれないけど、市場環境変化への適応力は低いはずだ。

それから、日常生活でも上下関係があるところでも使うべきじゃないと思っている。

例えば、親や教師が子供に、「そんなのおかしい」ってだけ言うのは良くないね。

無責任じゃん。
もし、子供がやってるなにかが気に入らなくてやめさせたいなら「やめろ」とか「ダメ」とか「良くない」とか...はっきり言えばいい。

「そんなのおかしい」には嘲笑のニュアンスがあるし、「みんながおかしいと思うぞ」というニュアンスもあるし、つまり「笑われるからやめろ」って言ってるわけでしょ?

責任ある言い方じゃないね。

子供になにかをやめさせるのに「それでどうなっても私は知らないからね」とかって言い方するのと同じくらい卑怯だ。

もちろん、「そんなのおかしい」が悪いばかりとは思わないよ。
そういう感覚こそが文化的な安定をつくるのだものね。
どんなことにでも、リクツを要求するなんてそれこそ疲れるし、誰だって余計なことを考えずに、良し悪しを決めたい。リクツばかりじゃ生きづらい。

笑われるような違い・ズレを避けて、文化的な枠内に留まろうとするのは、健全な態度だとも思う。

でも、仕事はやはり別だと思うし...特に市場変化が激しいところで、市場変化をリードしようとするような仕事をしているなら特にね。

子供には、「おかしい」と言って突き放さないで、「ダメ」って言えば良いはずだ。

...しつこいなーオレは。

アタマの中が整理できてない証拠。

--
ファミレスで飯食ってる間になんとなく書き始めたんだけど、なんだかダメダメな文章になっちゃった。
まーいっか...いつものことだ。
言いたいことはわかるでしょ??
posted by waki at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24457594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。