2006年04月19日

リッチクラブ現象とビップクラブ現象

先日、
「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解く新しいアプローチ
って本を買って暇な時に読んでたんですが、
とってもお勉強になりました。

Buzz、バイラルマーケ、WOM...
最近流行のAISASとかAIDEESとかの...要するにAIDMAからメモリーステップを抜いて、シェアのステップを追加した...つまり、GRP広告投資モデル前提から、ネットワークを重視したものとか、
もっと遡れば、規格ネットワーク論...ロジャーズの普及曲線とか... ...

この手の(マーケ関係の)仕事に、ネットワークの理解は避けて通れないものなわけです。

でもね、
「ネットワーク」って名前がタイトルに入ってる本は、この20年数年くらいの間に随分読んだけど、
ネットワークのもっと基礎から、ちゃんと学べたのは(しかもすっごく簡単に)、この本が最初でした。
恥ずかしながら。

...いや、もちろん数学関係とかの本職の人からすれば、ほんの表面なぞってるだけなのかもしれないけどさ。

この本の前半分は、そういう基礎を教えてくれてて、
グラフ理論の誕生から始まって、
スモールワールド、さらには最近やたらとよく聞くスケールフリーネットワークなんてことについて、一段深くわかった気にさせてくれます。

--

後半は、伝染病とか通信ネットワークとか脳とかが題材になるのだけど、こっちは逆に今まで読んだ本と重なるところが多かったかな。

でもまー、あらためて基礎を教えてもらってからは見え方も違うもので、
伝染病対策のところを読んでる時とか、
GRP広告投資モデルは、集団予防接種に似てて、最近の考え方は、リング接種に似てるよな... とかなんとかいろいろ考えちゃいます。

Mixiの例は、以前にけっこう話題になってたのを覚えてますけど、

【社会情報学フェア2005】mixi公式データを学術的に研究する初の試みが京都大学で開催(BBWatch)

スモールワールド(6人目のリンクでmixiユーザーの96%は辿れる)で
スケールフリー(約43%のユーザーはマイミク数が4人以下の小規模ネットワーク)なわけですね。

--

で、
私としては、第9章の
リッチクラブ現象とビップクラブ現象のはなしが面白かったな。

●リッチクラブ
単純に機能的選択で繋がるってことだと、最も力を持っている者はオープンに外の眼に曝されるネットワークになっていく。
だから、そこには「黒幕」的存在は出てこない。
これがリッチクラブ。
ここでは、もっとも力を持っている者が、強力なハブになる。

●ビップクラブ
でも、ホモフィリー(似たもの仲間)で繋がるってのが強く出過ぎると
ビップクラブ現象が起きる。
このパターンでは、もっとも力を持ってる者は、強力なハブにはならずに、力をあまり持っていないものと接続しなくて(だって似た者じゃないからね)多くの人から見えなくなる。=黒幕的になる。

まー詳しくはこの本を読んでもらうとして
面白そうでしょ!

これはいろいろ応用が効きそうだよね。

経営にも、社会の見方にも。

適度に・意識的にヘテロフィリー(性質が異なる人が結びついた仲間)を混ぜ込んでいかないと、組織や社会の芯に暗部を持ちやすい...見えなくなるわけだ。

自動的にヘテロフィリーを混ぜ込んでいくようになっている民主主義・政党政治のしくみってやっぱ良くできてるよな。

コミュニケーションが良くなるようにって、相性重視で、結果的に似たようなプロフィールのヤツばっかりとってたりすると、ホモフィリーの繋がりが支配的になって、その組織は遠からず、経営層と現場が乖離するわけだね。

中間層がハブ化して、目立つのは中間層、故にスケープゴート化されるのも中間層。

うーん、いろいろ実感として正しいなー。

--

関係あるようなないようなはなしだけど、

ちょっと前に、日経のコラムかなんかで

愛国心は美しいけど、愛国心を強要するのは醜い(幼稚だ)

みたいなことが書いてあって感心したのだけど、

これって、「協調を強いる」ってことだよね。

この本を読んでて、漠然と思ったのだけど
クラスター性が高いところほど、きっと協調を強いることが多くなるのだろうね。

例えば、村八分って言葉が生まれやすいところとか。

逆に言えば、例えば、水田の水の管理とかで協調が必要なところ(だったところ)では
クラスター性が高くならざるを得ない。

...この後、
オレは20代半ばくらいまで、「協調性がない」ってやたらと非難され続けてきた...本人はまったくそうはおもってないのに...
ってはなしを延々と、ぐちぐちとやろうと思ったのだけど、
出かけなきゃ、っていうか、その前に昼飯食わなきゃ飢え死にしそうだから、
もしも気が向いたら、また後で続けます。

腹減ったー
posted by waki at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16761261
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。