2005年01月20日

「消費期限」を使ったライバル切り崩し戦略 ...半分冗談・半分マジな提案


以前に私が、
「キノコって工場生産の食品なのに、
生鮮品だからって、消費期限付けないのはおかしい」
「工場を各地に持ってて、流通管理もできるところは、
あえて流通とかに嫌われてでも、消費期限付ければ、
有象無象のライバルを蹴落とせる」
みたいなことを書いてたでしょ?

あれって...消費期限を積極的にライバル切り崩しのために使っていく...ってのは、
いろんな分野であり得るよなー
って、あれからずっと考えてたんだよね。


...もちろん、殆どの場合、「劇薬」になるから、
実際にマジメに提案したことは、殆どないんだけどさ。

いやもっと正直に言うと、ちゃんと考えきってるわけでもなくて、
殆ど思いつきの域はまだ出てないんだけどね。

--

ライバルに比べて遙かに高度な生産・流通管理力と流通支配力があって、
市場全体がじりじり縮小傾向に陥ってるような食品分野
...具体的に例をあげるのは差し支えあるんだけど、幾つかあるでしょ?
そういう世界にいたら思いつくでしょ?
かなり基本的な調味料とか、食材系とかさ。

しかも、まさに消費期限がやたらと長いことがネックになって、
これだけファミリー像や内食のありかたが変わってきてても
数十年一昔で、商品が変わらないとかさ。
最も基本的なパッケージサイズの提案とかさえ、大して意味持たないみたいな。

そこで、「鮮度が大事!
「そりゃもう、ホントはものすごく大事なのよ!」
って大声で言っちゃう。
そんなリクツは幾らでも付けられる。
そういって、
日本人にアピールできない食品分野なんて、ないことはないけど、
滅多にないからね。

生産・流通管理力に歴然の差があれば、
ライバルを蹴落とせるね。

流通には嫌われても、ついていかないわけにはいかないからね。

こうして構造的にジリジリ縮小してる市場の中で、
ライバル押しのける余地をつくるとともに、
「鮮度」って切り口をあえて持ち込むと、
それまで、あまりに基本的で商品バリエーションつくることで市場拡張できなかったような分野でも、
サイズ提案や利用シーン別パッケージや...いろんな提案が生きてくる余地が広がると思うんだよな。

まー、思いつきです。

... ...こういう書き方すると、オレってなんかヤなヤツな感じするな。

でもさー、例えば、キノコの例で言うと、
こういうことすれば、
カビが生えたキノコを買わされるようなこともなくなるわけで
(激安スーパーとかであるでしょ?)
これは消費者にとっては正義だと思うよ。
...選択肢をけ落とすって点では、正義とか言い切れないかもしれないけど
...でも、それはあくまでも大手同士の戦争のはなしであって、
こういう分野は小回りきくところ...例えばコダワリ消費とっていくようなところはやりかたはいっぱいあるわけだし。

--

あーそうだ、
帰りのクルマの中で取引先の人と話してた
「以前にNRIが言ってた、花びら産業化みたいなのは、
生活ニーズ単位での提供機能の供給の仕方の再編成だけど、
ライフスタイル軸で花びら産業化みたいのが
(それこそ昨日ここでも書いたScionみたいに)
これからは(これまでのセレクトショップ流行とか明確な主があってその周辺に広がるウリモノとかじゃないレベルで)かなり来るぞ!」
「その点でファッション産業は、これまでとは別角度からスゴイ力もてるよな」とか盛り上がってたんだけど、
そっちのはなしをすれば良かったなー。

あと、これと関係するところで整理したいのが、
CRMの限界論みたいのがあちこちで出てるけど
(最近のnikkeibpの記事とかにも丁度そんな記事が出てたけど)
...つまり、個客単位でのアプローチ精度をどんなに高めて行っても
適切にニーズ捉えて、タイミング捉えても
結局やってるのは、一方的なメッセージを送ってるに過ぎない
それじゃー動かし切れないし、
昨今の法改正とかも関係して
個客リストの収集維持コストは上昇する一方だ
みたいなはなしね...
だから、それもあって
コミュニティだし、リバースマーケだし...みたいな。
5-6年前から、ずっと言いまくってたヤツ...
...5-6年前は、「クチコミコミュニティの関係性マネージメントだ」「KCRMって言おうか?BCRMって言おうか(笑」
って言ってたんだけど...
やっと本格的にくるぜ!
みたいな。

そうそう、こんな話をしてる時に、
相手の人が、
「ネットオークションのウォッチリスト...その関係図だ」って言ってたっけ。
「そうだ!そうだ!」って盛り上がって...

もう100%自分用のメモ以上の価値ないな、これ。
posted by waki at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。