2005年01月12日

「クラブホーム」...サードエイジ・シニア市場への提案

この数年、サードエイジ市場を考えてる時間がすごく増えてて、
特に昨年からは、もう頭の中の何分の1か占領するくらいまで増えてるわけだけど、

その中で、いろいろ、こういうサービスや商品とかがあれば良いのにねー
ってことを思いつくわけね。

で、さらに直近では、住宅関連や観光関連やってることもあって、
特に「クラブホーム」って概念...私の思いつきなんだけどサ...を
いろんなところでしゃべってる。

そりゃ何か?っていうと...

の前に、
極めて簡単に背景を言うと(言い出すとキリ無いんだけど)、

●まず、シニア市場の変化
意識面・行動面・社会制約面...で、その上の「既存シニア層」とは大きく断層つくってる団塊シニアの本格的なサードエイジ化があるわけだよね。
●でもって、その中で特に大きなカギが「好縁」なわけだ。
●広い意味での住宅のリサイズ需要は、かなりある。

これだけ。
詳しくは他のところでそこそこ書いてるから、適当に拾い読みして下さい。

で、内容をとことん簡潔に言えば、

●好縁を切り口とした
●コーポラティブハウス型+管理サービス付きの
●老人ホーム

って、ただそれだけ。

ちなみに厚労省がコミットするような世界はいっさい考えてないからね。
そっちいくと...(不必要にケンカ売りそうなことばを思わず書いちゃいそうだからやめておこう)

例えば、ジャズが好きな夫婦がいるとするでしょ?
いっぱいいるよね。

これが集まって(お見合いコーディネートして)、
簡単なスタジオ兼共有リビング付きのコーポラティブハウスをつくるわけよ。
各戸は、夫婦二人だから、コンパクトな2LDKもあれば良し。
もっと小さくてもいいや。

例えば、農芸好き、例えばアウトドア好き、例えば...
なんでもいいんだよ。
とことん同じ趣味の人と、
サードエイジライフを過ごせるくらいハッピーなことはないからね。
多くの余裕がある人にとってね。

蕎麦打ちマニアが集まれば、ちょっとした話題の蕎麦屋だってできちゃうさ。

でもって、そもそもがコーポラティブハウスってのは、
もともとは公共事業なんだよね。
...イギリスだっけか?

だからさ、
例えば、観光地だって、
テーマ旅の時代になってきてるわけで
好縁テーマを売る時代になってくわけでしょ?

その観光地が供給する好縁テーマに合わせて、
これを企画するだよ。

だって、サードエイジとは、毎日が日曜日であって、
突き詰めると、日常と非日常が溶け合うのが理想で、
旅先=非日常ってのは、
物見遊山時代の発想なんだよね。

だから、究極は、観光客を集めるのが理想なんじゃなくて
観光客が趣味のための定住しちゃうのが真に理想なわけ。

あー、こういうこと書いてると、
現実にはそんな市場ボリュームがとか
バカなことを言い出す人がいるけど、

こりゃマス商品じゃないからね。

ちゃんと、現有資産の効率的な処分で、リサイズライフをコーディネートしてあげたとしたって、確かにそこそこ金持ってて、こういう指向性をもってて...なんて人がそこら中にいるわけじゃない。

でも、こういう種類のビジネスをやるのに、必要十二分には間違いなくいるさ。

要は、需給をつなげるコミュニケーションのしくみだけだ。

そうそう、住宅関連産業も構造的に長期低迷する新築需要が×だとすると...
ってリホームばっかり注目してるけど、
リホームってのは結果の表れであって、本質的にはリサイズだ。
リホームってニーズがあるんじゃなくて、リサイズニーズやサードエイジライフニーズがあるわけ。

標準モデル的なものを売るしくみでやってるから、壁に当たるんで、
こういう商品(サービスシステム)自体に
ライフコンサル的なものを組み込んだものをつくっていけば
可能性はたっぷり開けてくるはずだ。

...ほんのちょっとだけ書くつもりだったのに...
posted by waki at 19:34 | Comment(4) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんばんは
以前にも一度コメントを残した
玉置です。
月刊シニアビジネスマーケットという雑誌をしています。
「クラブホーム」...サードエイジ・シニア市場への提案
の記事、すごくおもしろいですね。
私の考えていることに近いところが多々あります。
これからも楽しみにしています。
Posted by 玉置泰史 at 2005年01月16日 03:06
ありがとうございます。>玉置さん

ホントは、某観光地の自治体にやらせたいと思ってるんだけど、
とてもとてもそこまで行けない
...明日のごはん(当面の集客)の方が先に立たなきゃって感じで
行き着けてないんですよねー。

私の理想とは外れるけど、
ビルダー系に提案しちゃおうかな
とか思ってます。
Posted by わき at 2005年01月16日 04:15
こんばんは。
玉置です。
さっそくコメントにレスポンス下さって
ありがとうございます。
クラブホームっておもしろい企画だと思うので
どんなかたちであれ実現を祈ってます。
私も仕事柄、都市デザインさんとか
生活科学さんとかに取材することがあるのですが
みなさん結構志向性が似ていたりしますね。
あとは、コミュニケーション能力のレベル次第のような・・・


Posted by 玉置泰史 at 2005年01月17日 07:25
>こんばんは。
こんばんは。

>みなさん結構志向性が似ていたりしますね。
やっぱり、
それなりに興味持って状況見てれば
同じ様なこと考え始めますよね。

>クラブホームっておもしろい企画だと思うので
そう思われたら、どうぞ使って
・あるいはよかったら周囲に吹き込んで下さい。
無理強いはしませんが...(笑

万が一使われても、
後で「あれはオレのプランだから企画料出せ!」なんて言いませんし(笑

というか、こういうところに書いてる時点で、
いろいろ放棄してますから。
Posted by わき at 2005年01月17日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1560898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。