2004年05月10日

引越社が近所に配るモノ

昨日、急いで出かけよう・クルマを出そうと思ったら、
マンションの前庭というか駐車場というかに引越のトラックがいて
出せなくて
「もう、めんどくさいなー!」

すぐにトラックを動かしてくれたけど、
急いでいたのでプンプン!だった。

で、帰ってきて、しばらくしたら、
引越業者がやってきて、
「ご迷惑をかけてますー」とか言って、
厚紙でできた大型の封筒のようなものを置いていった。

その表には、飯島直子。
あーあのCMね。
「アリさんマークの引越社」だった。

中を開けると、入浴剤。

悪くないよね。
ヘンなタオルとかもらうよりよほどいい。

で、封筒みたいなものを開くと、
引越社のセールスポイントが書いてあって、
切り離せるハガキも付いている。

ハガキは、「見積もり無料、お客様をご紹介下さい」
紹介してくれればそれだけでプレゼント(コーヒーとかボディソープとか)。

なるほどねー!!

彼らの業績が伸びてること...関西制覇して関東に来て関東でもトップレベルにかなり短期間になったこと...とかは、何度かビジネス誌とかで読んでたけど、
これは効くよね。大いに成長に関係してるハズ。

これをマンション中にばらまくわけだ。
引越の出発地でも到着地でもだ。
封筒の上のところにはドアノブにかけるための穴も開いてる。
だから、留守宅も対象だ。

賃貸マンションなら、何軒かに1件は引越を考えてるだろう。

これなら下手な広告よりよほど確実に潜在層にヒットするし
強い印象も残る。
場合によってはクチコミだって発生するだろう。

押しつけがましくもなく
「引越で迷惑掛けるから、お詫びです」ってスタンスだものね。

引っ越し先でもほんの少しでも気を遣ってもらえば、
ユーザーはありがたいもの。

ロイヤリティもあがるよね。
また使う可能性も高くなる。

引っ越しする人は、また引っ越しする可能性も高いから
ロイヤリティは大事だ。

彼らは、封筒を開いた面でリピート率の高さを自慢している。

なぜ、こんなにいいアイデアを他社はマネしないの?

コスト?
確かに、チラシ撒くよりコストは遙かにかかるけど、
効果はどうなんだろうね。
チラシなんて、ポイでしょ?
しかもその時まさに引越を検討してるのでもなきゃ
迷惑なだけだし。

そんなコスト掛けるくらいだったら、
見積もり勝負の方が大事だとか思ってるんだろうか?
posted by waki at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(1) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

>引越社が近所に配るモノ
Excerpt: わきさんちでの話題にトラバ(TrackBack)ります。 --- たしかにボクも今まで何度か「引越」を契機にした企画を何本も書いてたりするんだけど、 本当に「引越」って自分も周囲に対しても(良いか悪..
Weblog: [多事城論]的ブログ
Tracked: 2004-05-10 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。