2004年05月10日

個人情報流出問題でのジャパネットたかたの評価が高いのは何故なんだろう?

個人情報流出、おわびはどうする?(スラッシュドット)

これ見て改めて考えちゃうよね。

「感じ」としてはわかるんだけど、
Yahoo!BB(ソフトバンクBB)とかと比べて...というか、最近の個人情報流出事件の中で
ジャパネットたかたの評価だけが圧倒的に高い
...下手するとブランド評価あげてるようにみえるのは
何故なんだろうね?

比べてみると、

1.「トップ謝罪会見」までの時間の差

ジャパネットたかたは、最初にメディアに出てから数日で「トップの謝罪会見」に入ってる。
Yahoo!BBは、約1ヶ月。

2.「対策内容」のインパクトの差

ジャパネットたかたは、いきなりの販売業務全面停止だからインパクトがある。
かたや、詫び代500円払うと言いつつ、例の街頭モデム販売やり続けたY!BBとのコントラスト。

3.トップ謝罪が「誰に向いているか?」

一貫して繰り返し「お客様」に謝っているジャパネットたかた。
「私どものお客様と関係者に大変なご迷惑をおかけした」と最初に言っただけで「性善説的な考え方があった」とか言い訳に聞こえる部分が目立ってしまったY!BB。

というところで、
トップがいつなんて言うかってところが大きいという印象。

Y!BBの方は、恐喝事件として始まったので、警察への通報は迅速・適切だったとか
警察から捜査のために箝口令がひかれていたとか
いろいろあるわけだけど、

やはり、広報的な見え方の差がかなり大きかったような気がする。
特に、スピードとトップの姿勢の「見え方」ね。
どっちが真摯に見えたかっていう。

速度と態度

ちなみに損失は、

ジャパネットたかたは、営業自粛で100億の損失と言っている。
(ちなみに03年度売上は705億)

Y!BBは、詫び代やセキュリティー対策で40億の出費と言っている。
(ちなみにY!BB部門売上は128億)
posted by waki at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。