2004年12月29日

「辰巳天井、午しり下がり、未辛抱、申酉騒ぐ」 05年は大きな社会構造変化がある年??

毎度、年末年始恒例で、次の年を占ってみる
ってのをやろうと思ったんだけど、
ちょっと気力減退気味
...もう5日も子供が高熱出してて手がかかるし。
...そろそろ治りそうなんだけど。

占うったって、
霊感で占うわけじゃなくて、
この流れだとこの先こうなるって
つじつま合うように予測するだけなわけだけど、

2004年なんて1年前にはまるでわかんなかったよね。

そりゃー、こんなこと↓なら予測できるし、
イラクとか、オリンピックとか、米大統領選とか、
マンション供給の集中とか、ケータイの進化とか、
団塊層のサードエイジ化を睨んだ商品が出てきたり
そのあたりがヒットのカギになるとか(デジタル家電、高級セダン、旅行関連...)、
規制緩和の流れの中でとか...
地方経済の回復の芽とか(03年中から観測できてたわけだし)
そんなーこんななら言えたわけだけど、

台風とか地震とかそういうのは、
わかるわけもないわけ。

特に、先日の津波でしょ
...もう、ほんとの占いに行きたいナと。

で、
タイトルの「辰巳天井、午しり下がり、未辛抱、申酉騒ぐ」だけど、
これは株屋さんの格言として有名だよね。

これってけっこう結果的に当たってて、
例えば、「辰巳天井」だけど、80年代バブルのピークもITバブルもそうなんだよね。

未は、重大な国際紛争が多い年って言われてるけど、
第2次石油危機、湾岸戦争、イラク戦だものね。

で、
「申酉騒ぐ」は、市場が乱高下するって意味。
まー今年はそうだったと言えるかもね。

で、申酉は、相場だけじゃなくて(っていうか順番が逆なんだろうけど)
いろんな意味で世間が騒ぐ...天変地異とか政局とかって言われている。

でもって、酉年は、それがピークを迎えて収まる
...というか、革命・歴史の屈折点・新しい勢力・社会構造ができる年...特に政治体制に関わる面...って言われている。

例えば、ずっと遡れば終戦の年もそうだし、ベトナム反戦ムーブメント・学生紛争のピークと終焉、レーガノミックス、角栄時代の終わりの始まりのロッキード事件、細川内閣発足...ってね。

まー、そうは言っても、
どんな新しい枠組みができるのかはわかんないけどさ。

ちなみに、
なんで、酉が革命なのかって言うと、
(聞きかじりだけど)
酉は酒。
酒の発酵過程でガスが溜まって爆発するから...
(違ったっけ??)

そういえば、
酉+革命って言えば、辛酉革命 。
ちょっと気になって、ウィキペディア見てみたら、
こんな感じでした

ちなみに来年は辛酉じゃなくて、乙酉らしいですが、
意味はわかんないです。
posted by waki at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1424054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。