2006年01月30日

タクシーの運転が酷くなったのは当たり前か

この何年間か、タクシーの運転が酷くなってるってよく思っていた。


このブログでも
例えば、小さな子供の手を引いて横断歩道を渡ろうとしたら、クラクション鳴らしながらなにやらわめきながら突っ込んできたタクシーの話とか、それと似たような話とかを以前にも繰り返し書いてると思うのだけど、
タクシーに乗ってもなんだか怖い運転だなーとか思うことも最近増えてきてる気がする。

もともと2車線を塞ぐように走るとか、走りのマナーの悪さってのはあったにせよ、こういう「乱暴」な運転ってのは以前はそれほど多かったとは思えないのだよね。

でも、もしかして、そう感じ始めたのが、うちの子がよく一人で元気に外を突っ走り始めた時期と重なるから、
もしかしたら、私が妙に敏感になっただけなのかと思っていた。

で、今日、夕飯を食べに行ったトンカツ屋に置いてあった新聞を手に取ってペラペラめくったら、
タクシーがどうしたこうしたという記事。
(肝心の何のニュースだったのかは忘れちゃった。家に帰って日経見てみたけど、タクシー関連の記事は出てないし)
で、覚えているのは、

●02年くらいから、タクシーの数がどんどん増え、利用者がどんどん減っていることを示す折れ線グラフ。

●02年に規制緩和があった。

●激戦区の大阪での事例だけど、時給換算で500円くらいになっちゃうっていうはなし。働きづめでも月に15万くらいにしかならないとか...
全国的には状況はまだらにせよ、多かれ少なかれかなり収入が落ち込んでいる。

え"っ? 時給500円?
じゃー、1日8時間だったら、4000円?
20日だったら、8万円?
15万にするには、150000/500=300時間
20日間だったら、1日15時間。
あるいは、25日だったら、1日12時間かー...

そりゃー生活できないよな。
イライラもするだろう。

タクシーの数と利用者数の差が開いていく時期と
タクシーの運転が荒くなっているって感じ始めた時期がだいたい同じだな。

きっと関係あるんだろうなー。

それにしても、幾らなんでも時給500円になっちゃうくらいなら
他の仕事の選択肢だってあるだろう?
って思っちゃうのだけど、
それはオレが世間知らずだから?
いっくらなんでも、そんなはずはないよねー。

って思って、幾つかタクシー会社のサイト見てみたけど
都内だと、例えば、日本交通が
固定18万+歩合で、
配属後3-4ヵ月の人の月収平均が40万弱
って書いてあるぞ。

他は、完全歩合で営業収入の60数%とかって感じ。

都内はまだマシってことなのかな??

さて、これはどうしたらいいんでしょうね?

●けっこう難しいタクシーライセンスの導入
●最低保証賃金などについての調査とペナルティ厳格化
●台数総量規制
●認可制にもどす...

最後のはあり得ないとして、
台数総量規制も同じ様なものですよね。
まっさきに出来るのは2番目とかか。

なんにしても、いったん競争政策にしたのだから
競争力のない会社の退場を促すしくみがないと
台数は減らないのだろうな。
posted by waki at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12488275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。