2006年01月21日

勤勉は本当に正義なのか?...私には、わからないのだけど。

ライブドアショックで、マスコミ各社は大はしゃぎですね。
「錬金術師」って言葉がそこら中で踊っちゃって。

それにしても、地検特捜部が動いて、「この程度」のことしか出てこないわけ??とも思っちゃいます。
...まーまだあくまで入口なんでしょうけど、
少なくとも、今現在報道されていることからだけ見るなら「この程度のこと」です。

日経とかにも、大きな記事の流れの中のほんの一部にだけど、今あがってるこの程度のことじゃ、明快にクロにするのも難しいのじゃないかって専門家は言ってる...みたいな文章もありましたね。

それにしちゃー、ほんとにはしゃぎすぎ。

念のために書いておきますけど、私はライブドアを擁護したいなんていう気持ちは微塵もないし、そんな義理もまったくないですよ。

--

地検特捜部は、そのOBがよく言うように「社会の巨悪を叩く」ために動くわけでしょ?

では、この場合の「巨悪」とはなにかと言えば社会正義を揺さぶる問題ということ。

時代の・社会の「正義」ってのは、必ずしも法と一致しませんよね。
過去にも例えば「人の命は地球より重い」って言って、「超法規的措置」をとって、法を逸脱しててもみんながナットクしたってのが何度かありますよね。
あれが、時代の・社会の「正義」ってやつです。

--

では、この場合の正義とはなにか?

錬金術師どもは許せん!
額に汗して稼ぐことを正しいとする道徳観を愚弄している

つまり、
勤勉の美徳を
もっとも最悪のかたちで破壊している震源地だ

ってことなんだろうな
って思うわけです。
あのマスコミの反応・はしゃぎかたを見てると。

ちなみに地検特捜部部長は、まさに就任時に
「額に汗して働く人...(中略)...が、憤慨するような事案を摘発したい」
って言ったんだそうだ。

--

で、勤勉は本当に正義なのか?

勤勉を正義とした社会は、歴史的には最後は供給過剰>デフレに陥るわけだし。
英国でのピューリタンとかね。
勤勉に勤めて開拓したから森を丸裸にしちゃった。
英国のなんだか荒涼とした景色は、勤勉な連中のしわざだよね。

そういうことを思い起こせば、
地球環境が...とか言うような時代には、勤勉はむしろ本質的には敵なんじゃないの??

人が働くほどに・動くほどに地球の資源を食いつぶしていくのだからね。
リサイクルとかは根本的に破綻している、環境を考えるなら、モノをつくらなくて良い超耐久型の商品をつくれるのだからそうしていくべきだっていう説もあるしね。(単純にそれには同意できないけど...新しいものはエネルギー効率とかかなり違うわけだから)

もっとも、
同時に今は、大競争時代でもあるわけだから、勤勉を放棄するのも酷く怖いのだけどね。

そもそも、モノを生まないで、どうやってこの経済を維持するのかもわかんないけどさ。...空想的なのならともかく現実的にはね。

ちなみにその大競争の発信地は、米国だよね。
勤勉な人たち...ピューリタンが逃げていってつくった国だ。
大競争の発信地であって同時に地球環境破壊の震源地ってのもよくわかるよなー。

歴史的・地域的には、勤勉を是としないところの方が多かったくらいなんだよな。
カトリックなんて、明白に勤勉を悪徳として捉えてきた節があるしね。
勤勉な(悪い)プロテスタントと正義の戦いをやったりしてきたわけだ。

そりゃー(よくわからんが)ライブドアは、
きっと明白な違法行為を繰り返してきたのだろうよ。
...じゃなきゃあそこまで血祭りにあげられていいわけがない。

だから、くどいけど、その擁護をするつもりはまったく毛頭無いし、さらに言えば「錬金術師万歳」なんていうつもりは100%ないのだけど
でもさ、なんにしても不労所得が悪いってことまで言ってしまったら
今の日本はヤバイんじゃないの?

いやもちろん、錬金術=不労所得じゃないけどね。
虚業じゃないところに投資し、それが利益を上げたものが還元されるなら、不労所得ではあるけど錬金術じゃないだろうさ。

でもさ、実際には同じこと。
メディアの報道には繰り返し「額に汗して働く(ことの価値が
失われている)」ってコトバが出てくるのだもの。
つまり錬金術ってコトバで、不労所得をぜーんぶ否定してるんだよ。

日本は既に老人大国なんだよ。
もう働かない人たちの国。
ある面で投資家大国にならなきゃならないわけでしょ?

そこで、不労所得を否定するのは、キッツイねー。

しかも、錬金術のごとくはすべて許せん!みたいにヒステリックに言ってるのが、総じてそういう老人たちだってのは、なおさらシャレにならないな。

そりゃー、この件の「バブル」で主に踊ってたのは、若い起業家と若いデイトレーダーとかかもしれないけどさ。
そうだとしても、大きな目で見ればこの国の投資家は老人たちでしょ?

不労所得で、遊ぼうよ
それが正義だ

くらい言ってくれないと
この国は金が回らないんじゃないの?

そりゃー、ひたすらいつまでも輸出に頼ってるならそれもいいだろうよ。
トヨタとかはそれでいいさ。

でもさ、この国は、個人金融資産の6割以上(負債を除いた純資産)を60歳以上...働かない人たちが持ってるって言われてるわけだよ。

彼らが気持ちよーく博打して、気持ちよーく遊んでくれなきゃ、金が回らないんじゃないの??

いやもちろん、それで未来を背負う若い子たちの動機はどうなっちゃうのだ?
みんな虚業化したら、この国を食いつぶすだけだろう!!
っていう
もっともな心配もわかった上で書いているつもりなのだけどね。

--

あーあ、これは書くのやめておこうと思ってたけど
書いちゃったー。

途中で口調がころころ変わってるのを見ればわかるように、
実はこれ、あのニュース見てスグに殴り書きしたのだけど、
やっぱやーめたって放置してたんです。

でも、やっぱり書いちゃったよ。

あのあたりとか、あのあたりとかから嫌われそう。
...万が一これを読まれたら。

勤勉は永遠の正義だと思ってるんだものなー。

--

話変わるけど、
すぐに市場全体が持ち直したのは良かった。

日本経済はそれだけ強くなっているのか?
それともそれだけバブルマグマの圧力は高まったいるのか?

--

勤勉であること、額に汗して働くこと
こういうのは美徳かもしれないけど
それが目的であるかのようになるのはおかしい。

正義はその状態を実現するためにあるのであって
...例えば平和を実現するとか、安全を実現するとか...
勤勉であることを実現するなんてナンセンスだ。

でも、
「勤勉が報われないのはおかしい。勤勉であることが報われるのが正義だ」
と言われれば(そう言いたいのでしょう?)
それを否定はしにくいけど

だからといって、
勤勉であれば良いのだ
ってのは、
やっぱりちょっと違うだろう。

例えば、試験前に朝まで一所懸命エンピツ削ってましたってのは
勤勉だろうけど、違うでしょ?

知価労働が増えるほどに、
知価労働は、なにが成果に結びつくのかが見えにくいから
朝までエンピツ削ってるようなことがそこら中で行われてるのに
そのナンセンスさに気が付かなくなっていたりする。

例えば、
真になさなければならないことから、わざと目をそらして
役にも立たない資料を徹夜してつくって
「私、がんばってます」
なんて人は
世の中にいっぱいいるじゃないか。

それを、「頑張っている人は報われるべきだ」
って言っていいのか?

役所のそれをみれば分かるように
大抵のそういう無駄ながんばりは
...がんばるためにがんばるみたいな
頑張ることを目的化しているような行為は

組織の・社会の資源を食い散らかすだけじゃなくて
さらには際限なく周囲にメーワクを撒き散らしていくんだから。

無駄な資料をつくるために徹夜すれば
空調代も、パソコンの電気代も、警備費も、蛍光灯の電気代も、帰りのタクシー代も、プリントアウトの紙代も...
いろーんなものを浪費していくだけだし
おまけにそうやってつくられたものは
会議でみんなの時間を無駄に奪うために存在するんだ。

--

いや、勤勉を憎んでるわけじゃないよ。

勤勉さに逃げ込むヤツがイヤなんだよ。
posted by waki at 15:16 | Comment(3) | TrackBack(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
はじめまして♪

自分の思いを素直に書けるのが、ブログのいいところでもあるので、僕は、じっくりと読ませていただきましたよ。

TBもはらさせて頂きました。。。
Posted by Tommy at 2006年01月21日 15:51
>TBもはらさせて頂きました。。。

TB先の内容が記事とまったく関係ない内容に見えたので
削除しました。
Posted by わき at 2006年01月23日 11:11
こんにちはー★★ひろなです★ひろなの学校はもう修学旅行が5月にあったよ★京都、奈良、大阪へ行ったよ(^o^★   質問!! 好きな服のブランドは? 返事待ってます!
Posted by 指原莉乃 ブログ at 2013年06月18日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。